電車とか

相鉄・JR直通線の運行計画が発表。二俣川~新宿は最短44分!

2019年に開始される相鉄・JR直通用のYOKOHAMA NAVYBLUE車両:12000系

相鉄線とJR線が相互直通運転を行う、相鉄・JR直通線の2019年11月30日(土)開業に向けて、このたび運行計画の概要が発表されました。

↓その他、相鉄線の情報も読まれています。

相鉄・JR直通線の運行計画概要

■運行区間
・相鉄線海老名駅~JR線新宿駅(朝通勤時間帯の一部列車は大宮方面へ直通)

■運転本数
・終日運行本数…46往復(92本)
・朝ピーク時間帯…4本/時、その他時間帯…2~3本/時

■使用車両
相鉄…12000系、JR東日本…埼京・川越線用E233系

■主な区間の所要時間
・二俣川駅~新宿駅 最速達列車は44分
・大和駅~渋谷駅 最速達列車は45分
・海老名駅~武蔵小杉駅 最速達列車は36分

■停車駅
相鉄・JR直通線の運行計画の停車駅一覧表(※クリックで拡大)

※具体的な運行計画などについては、詳細が決定次第、追記します。

SPONSORED LINK

相鉄・JR直通線の運行計画について

相鉄線のYOKOHAMA NAVYBLUE12000系が渋谷・新宿を走る姿の妄想はカッコいいけれど、鶴ヶ峰や二俣川をE233系が走るのも見てみたい!

二俣川~新宿間の最速所要時間は44分とのこと。現在、横浜駅経由(JR湘南新宿ライン)で行く場合の最速は約53分。たった9分しか短縮されてないじゃん!と思うかもしれませんが、9分の短縮はすごいし、座りっぱだし、そもそも横浜駅の相鉄線ホームからJRホームまで行くかったるさ免除が一番のメリットですよ。高熱のときとか地獄ですから…。

相鉄線関連情報
相鉄・JR直通線の12000系電車
相鉄・JR直通線が開業!羽沢横浜国大駅から武蔵小杉まで乗ってみた。運行ルート地図も紹介神奈川東部方面線事業(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)の内、JR線が開業。羽沢横浜国大駅を経由して東京への乗り入れが開始に。相鉄線内をJR埼京線の電車が走ります。相鉄・東急直通線には20000系が投入予定。運行ルート地図も紹介。...
相鉄線~東横線が「相鉄新横浜線」「東急新横浜線」に路線名決定!西谷駅~日吉駅ついに決定!相鉄線の海老名駅・湘南台駅から、横浜駅を経由せずに東京渋谷・新宿へ行ける新路線名の正式名称が発表されました。全線開通は2022年度下期を予定。その名も『相鉄新横浜線』と『東急新横浜線』!嘘だろ…とセンスを疑うようなネーミングではなく、いたってシンプルで伝わりやすくて英断だと思います。...
新駅『羽沢横浜国大駅』誕生。海老名・湘南台から横浜駅を通らず渋谷へ!相鉄が東急線につながる日。最近、相鉄線の電車がカッコ良くて沿線から眺めたり、用もないのに乗り込んだりしています。そんな相鉄線ですが、もう1つでっかいプロジェクトが動いています。それが「神奈川東部方面線(相鉄・JR・東急直通線)」の開通。相鉄線の海老名・湘南台から、横浜駅を通らずに東急東横線渋谷駅まで行けるようになる!とういう夢のようなもの。...
■当記事内の文章・画像引用
相模鉄道株式会社リリース[2019年7月16日付]:相鉄・JR直通線の運行計画の概要について
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です