みなとみらい・新港

アンパンマンミュージアムの駐車場・駐輪場・バス停案内。横浜駅からのアクセス方法も紹介します!

横浜アンパンマンこどもミュージアムのイメージ画像

横浜アンパンマンこどもミュージアム」が新築移転し、施設もパワーアップして生まれ変わりました。この記事では、アンパンマンミュージアムの駐車場・駐輪場の場所、バス停の場所、横浜駅東口から徒歩でアクセスするルートを案内します。

↓アンパンマンミュージアム体験レポはこちら!

横浜アンパンマンこどもミュージアム

横浜アンパンマンこどもミュージアムの外観写真

2019年7月7日、旧施設から徒歩10分の場所に新築移転し、リニューアルオープンしました。全天候型の屋内施設で、すべてのコンテンツやイベントが雨の日でも安心な室内にて行われています。ベビーカー置き場も屋根付きになったのは英断。

■所在地
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9

■営業時間
[2F・3F:有料]ミュージアム 10:00〜17:00 ※最終入館16:00
[1F:無料]ショップ&フード・レストラン 10:00〜18:00

■最寄駅
・みなとみらい線「新高島駅」3番出口から3分
・各線「横浜駅」東口から10分、きた東口Aから13分
・みなとみらい線「みなとみらい駅」2番出口から徒歩10分
・市営地下鉄ブルーライン線「高島町駅」2番出口から14分
・JR&市営地下鉄線「桜木町駅」から23分
→観光周遊バスあかいくつ「とちのき通りバス停」すぐ

小さい子がいると難しいですが、桜木町駅からも頑張れば歩けます。

横浜アンパンマンミュージアムの駐車場(車)

駐車場は2つあり、第一駐車場はアンパンマンミュージアムの地下で、とちのき通りからすぐですが右折入庫できないため、オーケーストア側から回り込みます。

第二駐車場は円柱型をした富士ゼロックスビルの1Fで、とちのき通りから入って行けます。両駐車場とも割引サービスはなく、料金も同じです。

横浜アンパンマンミュージアムへのアクセスマップ(引用:横浜アンパンマンこどもミュージアム公式サイト)
  1. 第一駐車場(アンパンマンミュージアム地下1F):128台
  2. 第二駐車場(富士ゼロックス1F):188台

料金:最初の1時間600円 以降300円/30分
高さ制限:2.1m
※サービス券(割引券)の発行はありません

SPONSORED LINK

 ①第一駐車場(アンパンマンミュージアム地下1F):128台

横浜アンパンマンこどもミュージアムの駐車場入口写真第一駐車場

オーケーストア側から回り込んだところ。警備員さんがいて誘導してくれます。
右折入庫はできません

横浜アンパンマンこどもミュージアムの駐車場入口写真※2019年7月撮影

第二駐車場入口は、この向かいにあります。

 ②第二駐車場(富士ゼロックス1F):188台

横浜アンパンマンこどもミュージアムの第二駐車場入口写真第二駐車場
平日に長時間停めるなら、隣のオーケーストアの方が安いのかな。試していないので責任は持てません!

横浜アンパンマンミュージアムの駐輪場(自転車)

横浜アンパンマンこどもミュージアムの駐輪場写真ミュージアムを正面から見て右側面

駐輪場は、駐車場とは建物をはさんで反対側にあります。オーケーストア側ですね。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの駐輪場入口写真

駐輪場入口はちょっと奥まっていますが、ドキンちゃんの下あたりにあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの駐輪場写真

完全室内で途中から雨が降ってきても安心です。

横浜アンパンマンミュージアムに行く方法(バス)

観光スポット周遊バスあかいくつの写真観光スポット周遊バス「あかいくつ」

ピンポイントで走っているのは観光スポット周遊「あかいくつ」バスです。

公式サイト→ あかいくつバスについて

横浜アンパンマンミュージアムのあかいくつバス停「とちのき通り」

最寄バス停は「とちのき通り」が近くにあります。

あかいくつ周遊ルートあかいくつ周遊ルート

観光周遊バスの「あかいくつ」はルートが2つありますが、アンパンマンを通過するのは「Mルート(みなとみらいルート)」。1時間に1本くらいの運行本数。
周遊ということで、両ルートとも桜木町駅を出て桜木町駅に戻ります。
※もう1つの「Cルート(中華街・元町ルート)」は運行本数が多いです。

横浜アンパンマンミュージアムのあかいくつバス停「とちのき通り」とちのき通りバス停の時刻表
観光スポット周遊「あかいくつ」

・料金…大人220円、小児110円(1歳以上12歳未満)
・乗り方…運賃は乗車時支払い。前乗り、後ろ降り。
・Mルート詳細
[平日]桜木町駅前10:14始発~18:20最終/54~72分間隔で運行
[土休日]桜木町駅前10:10始発~19:06最終/56~60分間隔で運行

※6歳以上の保護者と乗車する未就学児は無料。
※観光なら1日乗り放題の「みなとぶらりチケット」がお得です。
※みなとぶらりチケット、一日乗車券は、乗車時に日付印字面を乗務員に提示してください。

詳細は→ あかいくつMルート時刻表
詳細は→ みなとぶらりチケットについて

SPONSORED LINK

横浜アンパンマンミュージアムに行く方法(横浜駅から徒歩)

最寄駅はみなとみらい線「新高島駅」。移転前と同じ最寄駅ですが、徒歩3分で行けるほど近くなりました。もう1つの大きな利点は、横浜駅東口からも徒歩10分で行けるほど近くなったこと。しかも雨にもほぼ濡れずに行くことができますし、ベビーカーや車椅子の方もエレベータールートで行けば問題なくアクセスできます。

横浜駅から、移転後の横浜アンパンマンミュージアムへのアクセスマップ(引用:横浜アンパンマンこどもミュージアム公式サイト)

今回は最短の横浜駅東口ルート(徒歩10分)をご案内します。

横浜駅“きた東口”から商業施設「ベイクォーター」→みなとみらい大橋(みなとみらい大通り)を通ってアクセスすることもできます(徒歩13分)。ベイクォーターに寄って帰る…みたいなこともできますね。

横浜駅東口から原鉄道模型博物館までのルート写真東口の地下街「ポルタ」へ降りる階段

スタート地点は、横浜駅東口の地下街ポルタへ降りる階段「横浜三塔物語」(3本立ってるガラスのオブジェ)とします。
ベビーカー・車椅子の方は後述ルート↓を参照下さい。

まずこの階段を降りて地下街をひたすら直進

横浜そごうの入口写真

デパートの横浜そごうにぶち当たります。

横浜駅東口、そごうにあるエスカレーター

入口手前にあるエスカレーターで1つ上へ。

横浜そごうからみなとみらい21地区へ行くルート

みなとみらい21地区(はまみらいウォーク経由)」と書かれた通路を、ひたすら直進

横浜そごうの入口写真

突きあたりを右折し、エスカレーターで2Fへ。

jはまみらいウォーク写真

歩道橋(はまみらいウォーク)を直進し、

日産本社ビルの入口写真

日産グローバル本社へ突入。

日産本社ビルのショールーム写真

ショールームを横目に建物を突っ切って外に出ると、

日産本社ビルを出たところの歩道橋(エスカレーター)写真

歩道橋があるので、階段で1Fに降ります(歩道橋を渡っても行けます)。

日産本社ビルを出会ところからアンパンマンミュージアムへの横断歩道

横断歩道を渡り、

富士ゼロックス横浜の前の通り

富士ゼロックスビルの前を直進すれば、

横浜アンパンマンこどもミュージアムの写真

横浜アンパンマンこどもミュージアムに到着。お疲れ様でした♪というかここからが本番。

SPONSORED LINK

横浜アンパンマンミュージアムに行く方法(横浜駅からベビーカー・車椅子)

横浜駅東口から原鉄道模型博物館までのルート写真東口の地下街「ポルタ」へ降りる階段

スタート地点は、同じく横浜駅東口の地下街ポルタへ降りる階段「横浜三塔物語」(3本立ってるガラスのオブジェ)。
ベビーカー・車椅子の方は、この階段を降りません

降りずに右折し、

横浜駅東口から原鉄道模型博物館までのルートマップ

直進すると、

横浜駅東口から原鉄道模型博物館までのルートマップ

エレベーターが出現するので地下街へ降りましょう。

エレベーターを降りて歩いたら右折して、すぐ左折して、横浜スカイビルまで直進します。分かりにくいのでこんなイメージ↓

横浜駅東口地下街ポルタからみなとみらい21地区へのルートマップ(※クリックで拡大)

↑黄色い「ベビーカー・車椅子ルート」を通って下さい。

横浜駅東口ポルタ地下街にある、横浜アンパンマンこどもミュージアムへの目印地面に案内矢印があるので分かりやすいはず

こういう案内矢印があるので分かりやすいと思います。

■追記(2019.11.01)===
この前見たらなかったので、地面の案内矢印はもうないかもしれません。
===
横浜駅東口からスカイビルへ来た道

地下街を抜けると、スカイビルに突きあたります。

横浜駅東口ポルタ地下街にある、横浜アンパンマンこどもミュージアムへの目印

ここにも案内板があるので左折し、50mほど行くと、

横浜駅東口ポルタ地下街にある、横浜アンパンマンこどもミュージアムへの目印

エレベーターが見えてきます。このアンパンマンキャラが集合している看板の裏側にエレベーターがあります。そのエレベーターで1つ上へ。

横浜そごうの入口写真

みなとみらい21地区(はまみらいウォーク経由)」と書かれた通路を進むと、

横浜駅東口から横浜アンパンマンこどもミュージアムまでのルートマップ

セブンイレブンを過ぎたあたりに、エレベーターがあるので2Fへ。

横浜駅東口から横浜アンパンマンこどもミュージアムまでのルートマップ

エレベーターを降りて右方向に直進し、突きあたりをさらに右折すると、

横浜駅東口から横浜アンパンマンこどもミュージアムまでのルートマップ

歩道橋のはまみらいウォークが見えてきます。そのまま直進し、

日産本社ビルの入口写真

日産グローバル本社へ突入。

日産本社ビルのショールーム写真

ショールームを横目に建物を突っ切って外に出ると、

日産本社ビルを出たところの歩道橋(エスカレーター)写真

歩道橋が出てくるので、エレベーターで1Fへ。

日産本社ビルを出会ところからアンパンマンミュージアムへの横断歩道

横断歩道を渡り、

富士ゼロックス横浜の前の通り

富士ゼロックスビルの前を直進すれば、

横浜アンパンマンこどもミュージアムの写真

横浜アンパンマンこどもミュージアムに到着。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの正面入口(階段下)にあるベビーカー置き場

正面入口左(階段下)にベビーカー置き場があります。屋根付きになってありがたい。
お疲れ様でした♪というかここからが本番。

ちなみに、日産本社ビルを出て1Fに降りましたが、歩道橋からも行くことができます。

日産本社ビルから富士ゼロックスビルにつながる歩道橋

エレベーターで上がると二手に分かれるので左へ。ずっと直進すると、

富士ゼロックスビルにあるエレベーター

突きあたりにエレベーターがあります。下に降りればアンパンマンミュージアムが目の前です。

長々と書いてきましたが、アンパンマンミュージアム公式サイトに横浜駅からのアクセス方法があったので、そっちの方が分かりやすいかも…。

↓アンパンマンミュージアム体験レポはこちら!
移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真
無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。チケットは前売りでも購入できます。...
横浜アンパンマンこどもミュージアムの有料エリアにあるアンパンマン号の写真
横浜アンパンマンミュージアムの有料エリアで大興奮してきた!アンパンマンは無敵の集客ヒーロー横浜アンパンマンこどもミュージアムは無料で遊ぶだけでも十分に楽しめますが、有料のミュージアムエリアについてご紹介します。最寄駅はみなとみらい線新高島駅ですが、横浜駅からも歩いていける距離の娯楽施設。ボールプールや体を動かせる遊具もあります。...
横浜アンパンマンこどもミュージアムにあるアンパンマンレストランのバースデーパック写真
横浜 アンパンマンレストランで誕生日プランを頼んでみた。バースデーは2種類あってオススメみなとみらいにある横浜アンパンマンこどもミュージアムで子供の誕生日をお祝いするなら、お食事代+1,000円で利用できる、アンパンマンレストランで大人気のバースデーパックがオススメです!...
横浜アンパンマンこどもミュージアム

住所:〒220-0012 横浜市西区みなとみらい6-2-9(Googleマップで見る
最寄駅:●みなとみらい線 新高島駅3番出口から徒歩3分/●横浜駅東口から徒歩10分
駐車場:あり(第1:128台、第2:188台/富士ゼロックス1F)駐車場割引はありません
営業時間:ミュージアム10:00〜17:00※最終入館16:00ショップ&フード・レストラン10:00〜18:00
入場料金:1歳以上2,200円(税込)、1Fショップ&フード・レストランは入場無料
URL:http://www.yokohama-anpanman.jp

オーケーストア(OKストア)みなとみらい店は僕をダメ人間にする(褒め言葉)駐車場料金写真あり横浜市のみなとみらいに本社を構えるオーケー株式会社さん。本社屋の低層部分に『オーケーディスカウント・センターみなとみらい店』という旗艦店のスーパーが入居しているのだが…超ヘビーユーズさせてもらっています(ペコペコ)。...
子供と楽しむ、おススメ遊び施設!
センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」
【体験レポ】楽しすぎる!横浜市のオススメ室内遊び場トップ3神奈川県横浜市で、子供と実際に遊びに行って楽しかったオススメの遊び場・キッズパークをご紹介。場所やアクセス方法、料金なども。公園とは違って室内で体を動かせる施設に限っています。0歳から小学生まで遊べる施設もあるので参考にどうぞ!...
ららぽーと横浜にできたリトルプラネットのイメージ画像
リトルプラネットとは?ららぽーと横浜店のオススメ利用法。次世代型キッズパーク体験レポ遊びが学びに変わるをコンセプトにした、子どもの創造力を鍛える体験型知育デジタルテーマパーク「リトルプラネットららぽーと横浜」。すごく斬新で、未来的で楽しい施設でした。僕なりのオススメ利用方法やクーポン情報もあるので、ぜひご覧下さい。...
オービィ横浜のアニマルガーデン写真
【オービィ横浜】みなとみらいで動物とふれあえる屋内型パーク。雨や熱中症を気にせず遊び倒せます!みなとみらいで動物とこんなに触れ合える場所はここしかない!マークイズ5Fの「オービィ横浜」は、雨や雪、熱中症などの心配もなく思う存分遊べる全天候型の屋内パークです。無料招待券付きのバースデー特典もお得なので誕生日の記念にぜひ!3歳以下無料。...
センター南のコーナンに入居する「ファンタジーキッズリゾート港北」
ファンタジーキッズリゾート港北は、歴代No.1キッズパーク!全天候型のオススメ室内遊園地横浜の室内キッズパークでオススメするのがセンター南駅の「ファンタジーキッズリゾート港北」。対象は0歳からで、店内にキッズレストランも完備しています。駅から徒歩4分の好立地なので電車でも車でも交通の便は良い。料金や営業時間、アクセスも案内します。...
屋内キッズテーマパーク「PuChu!」(プチュウ)の施設画像
楽しかった横浜駅アソビルのキッズパーク「プチュウ!」を紹介。施設や予約方法、料金、口コミ評判もまとめてみた横浜駅みなみ東口直通の新しい体感型エンターテイメント施設「アソビル」4Fのキッズパーク「PuChu!(プチュウ!)」。実際に行って遊んできたので、料金や利用方法(予約方法)、アクセスについてご紹介します。口コミ評判も満足いくものが多かったよ!...
移転後の横浜アンパンマンミュージアムの外観写真
無料エリアでも大満足!横浜アンパンマンこどもミュージアム体験記。施設もショーもパワーアップ!「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が移転新築リニューアルしたので遊びに行ってきました!結論から言うと、全体的にパワーアップしていて、無料エリアでも大満足だったし、有料エリアなら超絶大満足でした。チケットは前売りでも購入できます。...
ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店は子供満足度が高い!遊び満載で1日遊んでいられる体験型おもちゃ屋さん「ハムリーズ 横浜ワールドポーターズ店」が、横浜みなとみらい21の新港地区にオープン。メリーゴーランドがあったり、おもちゃ・お菓子交換できるゲームコーナーやカフェ、プレイルームもあり1日遊んでいられる満足度の高い施設です! Yokohama World Porters-Minatomirai/Canal City Hakata-Fukuoka...
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
\クリックで応援お願いします/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です