SPONSORED LINK
北仲

日本最大級『アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉』は2019年9月20日オープン。ホテル勢力図が変わる?

横浜北仲通地区に建設中のアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉外観写真

再開発が加熱する横浜北仲通地区。1棟では日本最大数の2,311室を誇る『アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉』が2019年9月20日(金)、(僕が勝手に呼ぶ)横浜北仲3兄弟の中でも一足先にグランドオープンします。

[2018年8月]横浜北仲3兄弟の工事具合横浜北仲3棟(横浜市役所新市庁舎・ザタワー横浜北仲・アパホテル&リゾート横浜ベイタワー)と勝手に呼んでいる、北仲エリアの工事が着々と進んでいますね。竣工のタイミングからして、アパホテルが一番工事が進んでます。...

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

とにかくドデカイです。

横浜北仲の工事進捗(2018年8月の様子)

一番左の白い工事中の建物がアパホテル。横浜北仲3兄弟の中でも「横浜新市庁舎」と「ザ・タワー横浜北仲」がデカすぎて小さく見えますが(遠近法の影響もあり)、実際はなかなかの圧倒感です。横浜北仲3兄弟はどれもモンスターです。

SPONSORED LINK

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の概要

横浜北仲通地区に建設中のアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉外観写真(引用:https://www.apa.co.jp/newsrelease/14630)
名称

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

所在地

横浜市中区海岸通5-23-5

建築規模

高さ:約135m、地上35F、地下2F

客室数

全2,311室
(ダブルルーム:1,366室、ツインルーム:939室、スイート6室)
内、身障者対応29室

施設

大浴殿・露天風呂(男女入替により合計10種類)、最大600名収容の宴会場、屋外プール、フィットネス、エステ、最上階の展望レストラン含む5つのレストラン・カフェ

駐車場

228台(平置き156台、機械式69台、バス3台)

開業時期

2019年9月20日(金)

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の特徴

アパホテルの客室写真(引用:「APA HOTEL & RESORT <横浜ベイタワー>」公式サイト)

こうやって見ると、やはりシングルがないんですね。ダブルの部屋でも10㎡〜11㎡という狭さだけれど、アパホテルの強みはベッドなどの“寝るときの快適性”。

(引用:「APA HOTEL & RESORT <横浜ベイタワー>」公式サイト)

ノーマルのアパホテルも大浴場がついているところが多いですよね。あれはビジネスマン利用者に人気のコンテンツ。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉建築工事写真

2018年11月の様子

北仲通地区に建設中のアパリゾートホテル※2018年11月現在

そしてなんと、このホテル含め6棟ものタワーホテルを同時に建設中らしいです。2020年の東京オリンピックまでにすべてを開業予定という…

SPONSORED LINK

2019年3月の様子

横浜北仲通地区に建設中のアパホテル&リゾート横浜ベイの外観写真2019年3月撮影
横浜北仲通地区に建設中のアパホテル&リゾート横浜ベイの外観写真2019年3月撮影

右の棟が「ザ・タワー横浜北仲」。
 

横浜北仲の再開発の様子
『横浜北仲通地区』の再開発がアツい!横浜市役所含めモンスター級の建物が建設中!みなとみらいの再開発はすさまじく、オフィスビルやコンサートホール、ホテルなどが群雄割拠の模様を呈しています。再開発件数ではみなとみらいに負けるものの、僕が前から注目しているアツい再開発地区があります。もともと脚光を浴びているみなとみらい地区とは対照的に、横浜駅西口の『鶴屋町』地区再開発のように、“もともと存在感の薄い”エリア、そうです『北仲通地区』です。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
SPONSORED LINK

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です