SPONSORED LINK
みなとみらい・新港

横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!

2018年5月に横浜市が発表した、「ヨコハマ都心臨海部の まちを楽しむ多彩な交通」。横浜都心臨海部において、移動自体が楽しく感じられる多彩な交通サービスの導入を進めていくため、民間事業者から募集したさまざまな提案を選定し、まとめたもの。

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...

その中の1つに、桜木町~ワールドポーターズを結ぶロープウェーの設置というものがありました。これはどういうものなのか?ご紹介します。

ロープウェーはどこにできるの?

みなとみらいに誕生するロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」のルートマップ(引用:まちを楽しむ多彩な交通)

当初の発表通り、JR桜木町駅前から新港ふ頭までの約630mほど。
桜木町駅前と運河パーク(横浜ワールドポーターズ手前)の両サイドに2階建ての駅舎(停留所)を設け、汽車道に沿って海上3本・地上2本の支柱を設置。36基のゴンドラが運行。

SPONSORED LINK

ロープウェー設置案の概要

名称

YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)

駅舎

JR桜木町駅前、運河パークの2ヶ所

ルート

JR桜木町駅前から、既存の歩行ルート「汽車道」沿いに、横浜ワールドポーターズ手前の運河パークまで

所要時間

片道2分半~3分
全長 約630m

定員

8名/ゴンドラ1基
車イス対応

運賃

未定

開業時期

2020年の東京オリンピック・パラリンピック前までに営業開始予定。オリンピック終了後も常設する方針

運営会社

泉陽興業株式会社(大阪府)

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...

ロープウェーは誰が運営するの?

このロープウェー案を提出したのは、大阪府にある泉陽興業株式会社
みなとみらい21地区の無料遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する会社です。

そして提案時には、整備費用が約60億円と試算されていましたが、設置・運営は泉陽興業株式会社が行うため、横浜市の公費負担はゼロ。横浜市は、駅舎や支柱を設置するために必要な手続きや周辺地域との調整などを支援するとのこと。

駅舎や支柱を設置する場所は横浜市の管理区域となるため、泉陽興業株式会社に有償貸与となるようです。

ロープウェー設置のまとめ

景観がどうのこうのという声もあるみたいですが、全然問題ない。と、個人的に思います。
むしろゴンドラが写り込んで街一帯がテーマパークのようになるのでは。
ゴンドラや支柱・駅舎のデザインにかかってきますね。

批判は出るだろうけども、僕は大賛成。
横浜市の公費負担がゼロだったから。
ぜいたくを言えば、赤レンガ地区まで行って欲しかった。桜木町駅から赤レンガって、なにげに遠くないですか?

とは言え、完成したら絶対に乗ります! 1回は。
結果的には、距離的にもルート的にも、ほぼ“デート・観光客専用”になるのでしょうね。

ちなみに横浜市臨海部には、もう1つの“空中交通”案もあります。
横浜駅東口→中央卸売市場→臨港パーク→パシフィコ横浜→新港ふ頭→赤レンガ倉庫→大さん橋→山下ふ頭 をつなぐというもの。まだ採用・却下の結論は出ていないので今後に期待?です。
こっちの方が有用性が高そうな気もします。

横浜みなとみらいのロープウェイ案「YOKOHAMA AIR CABIN」のイメージ図
[画像あり]みなとみらいロープウェイ案、YOKOHAMA AIR CABIN。2020年を目標横浜市会の中で取り上げられた、みなとみらい(桜木町ーワールドポーターズ)における新たな交通サービス案のロープウェイ『YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)』。どこにどのように設置されるのか、デザイン案をもとにご紹介します。 参考:横浜市が発表。2020年、みなとみらいに新交通「ロープウェー」登場!...
横浜北仲の再開発の様子
『横浜北仲通地区』の再開発がアツい!横浜市役所含めモンスター級の建物が建設中!みなとみらいの再開発はすさまじく、オフィスビルやコンサートホール、ホテルなどが群雄割拠の模様を呈しています。再開発件数ではみなとみらいに負けるものの、僕が前から注目しているアツい再開発地区があります。もともと脚光を浴びているみなとみらい地区とは対照的に、横浜駅西口の『鶴屋町』地区再開発のように、“もともと存在感の薄い”エリア、そうです『北仲通地区』です。...
この関連記事もよく読まれています
↓関連キーワードもチェックしてみて下さい♪
SPONSORED LINK

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です